FC2ブログ

LAST GAME is BEST GAME 仙台2-1神戸

4日に途中まで書いてそのまま放置してましたorz

ベガルタ仙台 2-1 ヴィッセル神戸 inユアスタ

得点:11分中島(5)64分ロペス(14)【仙】89分近藤【神】
警告:13分菅井【仙】
   6分平瀬、39分丹羽、70分三浦、82分田中、83分朴、86分三浦【神】
退場:86分三浦【神】

交代【仙台のみ】:88分中島→大柴、89分梁→富田

06年最終順位:5位 21勝14分13敗(勝ち点77、得点75、失点43、得失点差+32)


一方はJ1自動昇格へ向けて。
もう一方はホーム最終戦そしてチームを去りゆく選手のために…

そんな双方の意地がぶつかり合った凄く良い試合でした(審判除く)

仙台に限れば本当に今季のベストゲームじゃないかってぐらい素晴らしい試合でした。久々に試合終了のホイッスルが鳴った瞬間すがすがしい気分になれました(今までは勝っても複雑な試合が多かったので…)
前半から得点に繋がらなくともダイレクトパスでPA内に進入して惜しいシュートを打ったり…いままで見たことのないプレーが次々繰り広げられた。
なんだか…1年間囚われていた何かから一気に解き放たれた感じ…。

チームとしての質は神戸の方が上だったけど…それ以外は仙台が上だった。失礼な話だけど正直今日はモチベ的にも仙台は不利だと思ってました…。雑音も多かったし…。
でもそんな不安を打ち消してくれました。本当に良かったです。いなくなる監督、選手、スタッフのためになんとしても勝利を!ってキモチが伝わってきて。
逆に神戸は重圧や初めての選手組み合わせからか動きが固い感じでした。それでも巧いんだけど…ゴール前で冷静さを欠いてた感じで…(こちらとしては助かった)

1点目はまさに重圧がかかってたようなミスでしたね…。
リャンリャンとナカシのプレッシャーも効いた形でしたが。
荻くんがボールを左から右に持ち替えようとしたところ、トラップが少々大きく、プレスをかけて上がっていたナカシが掻っ攫って無人のゴールへ。先制点が仙台に入ったことによってこのゲームが凄く面白いものになった気がします。見てる側としてもすっげぇハラハラドキドキでした。この1点でなにがなんでも!て感じで神戸が攻めてきたので凄いハラハラしたし逆に仙台も見たことないようなダイレクトパスでゴール前脅かしたりしてワクワクして…。

2点目はもう…何も言う事ないでしょ!さすがロペス様です。
神戸がロペに対してそんなにマークつけてないこともあって(しかもあの場面は自陣で神戸ボールを奪ってカウンターなのでロペの前はがら空きだった)ロペ的にも余裕で打てたのでしょう。
普通…あそこから狙って入る可能性てそんなに高くないだろうけど…そこはロペス。開幕戦のファーストゴールを思い出すようなゴールでした。

ロスタイムの1失点は気の緩みか…?なんかわけわかないうちに決められてました…。近藤の意地って感じの良いゴールでしたね。

とまぁ最後にポカが待ってましたが、何はともあれ最後の試合でとても良い試合を見れて良かったです。村上や克さんのプレーもしっかり目に焼き付けておきました。

PC020038.jpg

選手によるサイン会の風景。今季で退団するジュンジュンがいるグループを観察してました(観察…)

PC020048.jpg

神戸から大挙して訪れてくれた神戸サポさん。凄い気合でした。

PC020050.jpg

神戸キャプテン三浦淳宏。アツさんのFKはやっぱ恐ろしいです。

PC020055.jpg

大好きな克さんのベガルタラストゲーム。しっかり目に焼き付けておきました。

PC020059.jpg

退団が決まったサンタナ監督。試合前にサポ席の前に姿を現してくれました。仙台を愛してくれて本当にありがとう!

PC020062.jpg

PC020064.jpg


PC020067.jpg

2006ラスト円陣(後半)

PC020068.jpg

今季限りで退団の村上キャプテンは円陣の後1人1人と抱き合っていました。

PC020070.jpg

6年間本当にありがとう村上!ミドルシュートの数々は一生忘れないです。

PC020073.jpg

克さんが交代準備している姿を見てたら涙が…

PC020074.jpg

ベガルタ仙台24番大柴克友のラストゲーム。3年間本当にありがとうございました。克さんの存在はベガルタにとってかけがえのないものでした。゜。(つД`)。゜。


■試合後のセレモニー■
セレモニー前にスタンドにはフロントへ向けたメッセージ弾幕が多数張られておりました(試合中はなかった)
「いつまでもあると思うなサポと金」ていう弾幕に物凄く共感してみたり…。
案の定、社長挨拶ではブーイングの嵐でした。まぁ想定内…(もっと大変なことが起こるのではて思ってましたよ)

次に監督挨拶。試合終了後にサポ席に再び姿を見せてくれた時点で涙を流していたサンタナ監督。挨拶の時にビジョンに映し出された姿にもらい泣きしました…。正直戦術面で不信感がわいたこともあったけど…彼の仙台に対する愛情にウソ偽りがないのはわかっていたので本当にツラかったです…。あたしも胸が張り裂けそうな思いでした…。

そしてキャプテン挨拶。監督挨拶でホロリホロリだったので「これで村上がもし泣いたりしたら…あたしヤバイな…」て思いながら聞いてました。
スタートはキャプテンらしい姿でしたが…話してるうちにどんどん涙声になって言葉を詰まらせてる姿を見てたら…ぐおぉぉぉぉ…と…。
かなり年上の方に対してこういっちゃなんですが入団当初て…「悪ガキ」にしか見えないんだよ(爆)それがですよ?結婚して…パパになって…キャプテンになって…。まぁそういういろんな思い出が走馬灯のように駆け巡りました。
ピッチ1周の時には「あぁ…もう最後なのか…」と辛い気持ちでした。
お陰で(?)しばらくスタジアムから離れられなかったです。胴上げも全部見て…選手がピッチから去るまで離れられなかったですね。

PC020082.jpg

セレモニーの選手代表挨拶。村上さんMajiで泣き出す5秒前くらい(殴)
村上が涙でどんどん言葉を詰まらせていく姿に自分限界でした。

PC020096.jpg

去り行く戦友を胴上げ。大さんと監督はさすがに重そうだった(笑)
そして、ココで知った主務の伴野さんの退団……。知らなかったです…。
縁の下の力持ちとしてベガルタのために尽力してくださった伴野さんの退団は選手よりもショッキングかもしれないです…。6年間本当にありがとうございました。今後の活躍、かげながら応援しています。

これで2006年ベガルタ仙台は終わってしまいました。
1年間、スタッフ選手の皆様ベガルタ仙台のために尽力してくださりありがとうございました!

来季もしっかりサポートしていきたいと思います。
スポンサーサイト



COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : 観戦レポ |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

七海

Author:七海
ベガサポ七海が書く
9割方蹴球日記。

メルフォ。
前略プロフィール
My Blog List
mixi
コトノハ
七海の本棚
Various SHOP


カウンター


カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


RSSフィード



Copyright © +STEP BY STEP+ All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り